スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願かなった! 

 実は昨日が私の誕生日だったのですが、PSPをゲットしました!!!! もうずっとずっと欲しくてしょうがなかったので嬉しくてしかたないです。
 初ソフトは「テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー」です。
 とりあえず女・戦士で始めてみました。まだ見習いなのでたいして進んではいないのですが、ところどころシリーズキャラクターが参戦してくれて嬉しいです。キャラがパーティ入りするとBGMが変わるのとか嬉しいですね!懐かしい。
 早いところアニーを出したいです。
スポンサーサイト

サブキャラ攻略 / コンプリート 

・岩長姫
 ところどころで先王=千尋の母との関わりが強調されていた彼女ですが、説明書を見たとき神話や歴史好きの姉が「へー岩長姫とか出てるんだ」と言っていたことを思い出して調べてみたところ、岩長姫(磐長姫)には木花咲耶姫(コノハナサクヤビメ)という妹がいるそう。
 岩長姫が先王のことを語った際「木の花が散るようなはかない命だったよ」と言っていたことと合わせて、彼女は千尋のおばということで間違いないのではと思います。コーエーは相変わらずこういうところはしっかり作りこんでいる……ならもう少し個別ルートをなんとかできなかったのk(ry
 いいおばあちゃんでした。

・道臣
 発売前はまさかあんなへタレだとは思ってなかったので正直少しガッカリしました…笑
 それより千尋はいつ彼が自分を殺そうとしていたと気づいたのでしょう。7章のイベントではまったくそんな気配ありませんでしたが。もし彼の心を掌握しようとして咄嗟に嘘をついたのなら超悪女ww

・足往
 あの子が一番まっとうだったような気がしてなりません。遙か4は足往の成長物語、ってことでいいんじゃないかなもう。あと口調がちょっとユーイっぽいですよね。

・夕霧
 そりゃ声をつけられないわけだwwwww
 しかしなぜ終章で男の姿をしてる夕霧を見られない。これは致命的。幕末恋華の山崎を思い出しました。

・皇&シャニ
 サブキャラはいっせいに攻略して、常世3人はその中でも最後に取っておいたのですが、正解でした! シャニの日記=既定伝承のくだりとかネタバレ中のネタバレだし、「黒き手の王」には感動した。てっきりアシュヴィンのことだと思ってたんですが、千尋だったんですね。
 なんか正直あれがベストエンドなんじゃなかろうか。

・ナーサティヤ
 やばい、どうしよう。
 このひとが私の本命かもしれない!!!!
 単純に好みの問題だったら柊なんですが、あのルートには正直ま っ た く納得がいかなかったもので。それに比べてサティはどんなルートでも一本筋が通っていてかっこいい。かっこよすぎる。
 4まできて置鮎の扱いはこれか……(苦笑)(恋愛EDがない)と思わないこともないですが、いやでもいい男でした本当に。大団円で何かしらあると信じていたのにキイイイイイ。でもダメモトで土蜘蛛に話しかけてみたらエイカがサティを助ける図が見られたので生きていることは確定ということで安心しました。
 あとは追加ディスクを待てということですね、分かります。

・リブ
 8章では若干風早のお株を奪っていったような気がしないでもないですが(笑)なかなかよかったです。特に終章で助けにきてくれたところ。戦闘しなくて済んでラッキー
「私の命と忠誠はアシュヴィン殿下のもの」「私の愛情はすべて、あなたひとりに捧げたい」とか、ウッカリどこかの別当を思い出したのはきっと私だけではない。いやーしかし朴念仁みたいな顔をしておきながら(失礼だな)女を口説くのがうまい男だ。これが常世クオリティなのか。

・ムドガラ
 彼のエンディングはよかった。それは確かです。
 でもどうしても、敗軍の将が敵軍に命を助けられるのは武人として不名誉なことだろう……!という思いが拭い去れなかった。

・カリガネ
 元カノネタktkr(・∀・)! 絶対誰かしらに用意されてると思いました。
 でもなんていうか、結局吾亦紅と呉羽さんに何の関係があったのか分からなかったんですけど。私が選ばなかった選択肢見れば分かったのか?
 大団円でもまさかの夢オチ(しかも相当恥ずかしいあの夢wwww)でしたが、かわいらしいカップリングでした。結構カリ千好きかも。
 でも終章の「千尋」が何回聞いても「ひひろ」としか聞こえなくて噴く。


 というわけでコンプリートしました。
 楽しかったし面白かったし感動したし笑ったし萌えたし困惑したし怒ったし意味分からなかった。
 いろいろな気分を味合わせていただきました、本当にありがとうございました。

風早ED 

 真EDも含め、風早攻略しました。
 彼の正体は最初から知っていたので特に驚きもなかったのですが(損だなあ笑)、那岐も含めて芦原家3人の関係がすごく好きだと改めて思いました。「那岐が呆れた顔で出迎えてくれた」とか「あんたにも千尋の半分くらいは悩ませてやりたいよ」とか。
 なんだか4は全体的にカップリングよりグループにときめきます。芦原家とか同門とか常世三兄弟とか。話がずれた。
 千尋の幼少期には髪をすくのも役目だったという甘甘なふたりですが(しかし采女はどうした。異形の姫だからついてなかったのかな?)、ラスト付近は神と人、ということでお約束の切ない展開でした。
「あなたの生きる豊葦原が俺がいた証です」は那岐ルートの「君が僕の優しさの答えだから」と同じくらい美しいセリフだと思いました。すごく感動した。
 その反面EDには若干ポカーンとしてしまったというか……忍人に続いてまたかよと自分でも自分につっこみたいですが。
 風早自らも言っている通り千尋に風早の記憶が残っているはずはなく、また人の身に下った風早にかつて神であったころの記憶が宿っているというのは若干不自然なような。龍神が気まぐれで力を貸したとか、そういう神がかり的なことがない限りありえないことですよね。
 ムービーにもあった「神の許しが得られなくても~」の語りは感動的でしたが、それをも上回る電波感に放心しました。
 なんでこう中途半端に残念なんだー!
 でもBADは美しくも悲しくてよかったです。忍人のときにもそんなこと言った気がする。私が根暗なのが悪いのか。
 というか、サティが仲間になったときの「この剣でできることがあるというなら、お前に託そう」が何よりも萌えただなんてとてもじゃないけど言えない、よ!
 あとはサブキャラだけなのでまとめてパーっとやってきます。

夢であるように 

 TOD1周目クリアしました。
 何度やってもミクトランで死にまくるへタレゲーマーな私です。他のところでは一回もライフボトル使わなかったのに……!
 しかしDは何回やってもソーディアンとの別れで号泣です。本当に名作だ!
 サブイベントは全てスルーしたので(リリスを仲間にするだけしました)、これから2周目行ってきまーす。

柊ED 

 私の遙か4内暫定No.1こと柊を攻略しました。
 どこが好きかというと、
「心配するだけ時間の無駄ですよ」(by風早)とか
「いたらいたで気に障るが、いなくなられるのもやっかいだ」(by忍人)とか
「柊が一人いれば、大臣が十人いるよりいくぶんマシだ」(by岩長姫)とか言われてしまう胡散臭さを持っているけれども、彼らはみな一様に柊のことを信頼している、というところです。
 しかし彼のルートは随所でニヤニヤしてるうちに気づけば終わっていたというか、まさかの遙か3的展開というか。
 逆鱗を持ち、運命を上書きしていくというシステムだった遙か3と今回は違うものなので、死んでしまった柊とは別の時空(?)の柊を助けて未来を勝ち取る、というのはどうなのだろう、と少しモニョモニョしました。他の人はみんな死ぬことなくED迎えてるのになぜ柊だけこんな扱い……。
 大団円後もこれまたひどく、深夜で実家なのに私は盛大に「なんだそれ!お前なんなんだ!」とつっこんでしまいました。いやだってあれ意味分からないうえにひどい……。
 既定伝承のこととか、柊ははたしてどのようにしていくつもの時空を巡っているのかとか、解明されていないことも数多いせいもありますが、柊は好きですが柊ルートはあまり好きにはなれません。
 ああでもEDスチルの千尋は今まで見た中で一番の別嬪さんだと思いました。

那岐ED 

 那岐攻略しました。
 とりあえず感想を一言で言うと、
 超 萌 え た ということです。しかも単体ではなく×千尋が。
 初めは噂に聞いていたとおりこれはいいツンデレとか、禍日神と一人で戦わせてないで誰か手伝ってやれよwとか、このルートで千尋が髪を切る理由がまったくもって意味不明wwwwwとか思っていたんですが(……)(いやほんとごめんなさい)
「今はなくしたものよりもっと大切なものがあるから」というあたりからちょっとずつ、なんだこのかわいい二人!とジタバタしたりラジバンダリ(言いたかっただけなんです)。
 とはいえ「想ったり想われたりするよりは消えたい」とか言い出したあたりではまた、エッそれなんという超理論……と若干呆然としてしまいましたが。つくづく私は乙女ゲーに向いていない……。でも大好きなんだ。プレイせずにはいられない。話が逸れました。
 私にトドメを刺したのは、「君が僕の優しさの答えだから」という一言。
 ある特定のキャラクターではなく、カップリングに胸のときめきを覚えたのは私内不動のNo.1CP、アリコレ以来です。それくらい感動しました。何この名言!
 その言葉じたいはプレイ済の方から聞いて知っていたのですが、それでもなおこの破壊力。まったく未知の状態だったらどれほどの衝撃を受けたかと思うと損をしたような、これでよかったような。
 ED後中つ国や常世がどうなったのか解説しろよ!と思わないこともないですが、それは追加ディスクフラグですよね、分かります。
 朱雀に「優しさとは」と問いかけられるところや心のかけらなど、随所に元来の「遙からしさ」がちりばめられていた点も好感触でした。
 ずっと同じことやられたら飽きるけど、一新されてしまうというのも寂しかったのだなあと自分の心に気づいたルートでした。
 いやしかしよかった。
 全クリしたらもう一回那岐ルート行こう。見てない選択肢回収したい。
 

アシュヴィンED 

 アシュヴィン攻略しました。
 思い返せばまだ遙か4の情報が解禁されたばかりの頃、私の本命は彼だったのでした。続報を目にするうちにファーストは柊にチェンジしていったわけですが、攻略してみた結果やっぱり結構好きでした。
「黄泉の大神よ 常世の国最高の武人を御手に預ける」とか
「あなたは王だ そうであってくれたこと、とても嬉しかった」とか、そういうどこまでも王族としての誇りを忘れないところが好ポイントでした。
 反対に、背中合わせイベントはいまいち首を傾げてしまったというか……。直前まで冷淡というか、冷静に王族として千尋に対していたはずの彼はどこに行ってしまったのだろう、と。いきなり低姿勢に謝罪されてしまっても、画面越しに私は「その心変わりの理由をkwsk」と呟いてしまいましたよ。しかし初夜描写がないあたりはさすがネオロマンスですねww
 ラストのリップノイズといい、予想外の甘さを持った人でしたが私は戦場に立つ王族の風格ビンビンの彼のほうが好きです。だからアシュヴィンと千尋は×ではなくて&が好きかもなー。
 ところでED後千尋は中つ国に帰らないんでしょうか。嫁入り前に狭井君が言っていたように、二人の結婚はあくまで政略の一部であって互いに利益があるあいだにのみ成立するものなわけです。常世はともかく、中つ国にとってはいつまでも王が他国にあったのでは不利益なのではと思うのですが……そこらへんの後日談ももう少し描いてほしかった。
 でも大団円の妻問いはよかったです。つい空色勾玉!とか思って興奮してしまった私を許してください。

遠夜ED 

 遠夜攻略しました。
「妖は人と違う」「神子と同じになれたら」
 これらのセリフから私は異種族間でどうやって恋を成立させる気なのだろうか(日向の一族のサザキとはひと悶着あったから)と期待していたのですが、まさか人になるとは思いませんでした。
 しかも兎は「土蜘蛛が人に転じるなど奇妙でもあるまい」とか言うけど、どう考えたって奇妙でしょうwwwwそこは詳しく説明してほしかったです。
 ボス戦に神子がいないというのもたいへん新鮮で面白かったけど、術が使えなくて長引いたのでもう嫌だ……。
 結局ふたりに前世の記憶がはっきりとよみがえったのかどうかもイマイチ分からず(そもそも遠夜は最初からワギモを探していた=月読の君としての記憶があった?)、全体的にモヤモヤとしたところが残ってしまった感はありましたがたいへん可愛らしい二人でした。
 しかしまさか遠夜ルートで初めて泣くとは思わなかった……笑。最終決戦前の兎の言葉で泣いてしまいましたよ。
 それにしても「見えなくても消えない すべてはあり続ける」とか、神々はファータかと(ry
 しかしせっかくの感動シーンなのに月読の君の演技が残念だとか思ってしまったのは秘密です。

忍人ED 

 イイ(・∀・)!と評判の忍人を攻略してきました。
 前半では「風早のことは名前で呼んでいるのに」と同性の友人に張り合ってみる神子、なんていうユーザーにとってだけ微笑ましい展開がありはしたものの、彼のルートは一から百まで死亡フラグでした。
「死は美しき乙女の姿でお前の元へと舞い降りる」
「君が、俺の死なのか」
 これらのセリフから私は千尋が中つ国へと帰ってきて常世との戦を起こすこと自体だと思っていたのですが、ラストのエンディングスチルでそれも違うと分かり泣くよりも感心してしまった……笑。
 破魂刀=生太刀の荒ぶる姿だった、というところで死亡フラグがポッキリ折れたかと思わせておきながら話はそう単純ではなく、それまでの蓄積(=業)からは逃れられないのだという展開も自然で……なんというか、間違ってもハッピーエンドではないのですが、ネオロマ史上1・2を争う美しいエンディングだったと思います。
 大団円の救済ルートが納得いかなかったので余計にそう思ってしまうのかもしれません。逆鱗を持っていた望美とは違って千尋には異なる時空(と表現していいのかどうか分かりませんが)の記憶は残っていないわけで、ならば桜を見に行こうと約束したことも堅庭で夜空の下話し合ったことも覚えていないはず。ましてや忍人がそのことを知っているわけがない……なんという電波カップル、とか思ってすみません。
 死なないで欲しい、けれどあの生存エンドは何かが違う気がしました。

 ところで私は8章の千尋のモノローグがとても好きです。私は本当は普通の少女でしかなかった、私はこのとき彼の王である資格を失ったのだろう、というところ。
 というか全体的に8章がとても好きでした。あそこで用意されている2つのバッドエンドも、↑の救済エンドよりはよほど納得できたというかゲフンゲフン。
 あーでも中原さんの演技すごくよかったです。エンディングでの声の柔らかいトーンとかすごくよかった。

布都彦ED 

 二人目は布都彦を攻略してみました。
 その前がサザキ(31歳)だったせいか、青いなあとところどころニヤニヤしてしまう年寄りくさい私でありました。
 忠義か恋か、という悩みは今までの遙かシリーズの中でも(特に天青龍ポジションにw)見られた悩みでしたが、彼の場合は兄の駆け落ちという汚点(彼や家名にとっての)があるからこそ恋にひた走ることが躊躇われる……という設定自体はとてもいいと思います。
 ですが、一ノ姫と羽張彦がどうして国を出たのか、ということがこのルートでは明確に明かされておらず、黒龍の「血族が辿った道を汝らも~」というセリフのみで千尋たちは察したにすぎないというわけで。そうすると姉や兄の果たせなかった夢を云々というくだりもいまひとつ感動に欠けてしまう印象を受けました。
 布都彦が幼いころに兄に憧れていたとかいうエピソードもあってもよかったのでは。千尋が、布都彦ってお兄さんのこと嫌いなのかな?という疑問を抱くシーンもありましたが、結局それに対する答えも提示されていないわけですし。複雑な思いを抱いているということが容易に推測できようとも、そこはユーザー任せにしてはいけないところだったんではないかなあと思います。
 いっぽう大団円ではえらく大胆な少年に……(笑)。あれって一種の求婚ですよね?
 全体にかわいらしいカップルだなあという印象を受けました。

サザキED 

 一人目はサザキをクリアしました。
 とても31歳とは思えぬピュア・ボーイ(笑)でしたが、さすが海賊の頭領。決めるところはビシっと決めてくれる男前なところがよかったです。バッドエンディングになってしまいますが、翼を切り落とす決心をすぐに固める潔さも私はいいと思いました。
 その分エンディングはちょっとどうかというか……狭井君も言っている通り、おとぎ話ならば姫と盗賊が結ばれました~チャンチャン、で終わらせてしまってもいいでしょうが、あの後中つ国はいったいどうなったのでしょう。ネオロマはファンタジーなのでそこまで気にしなくてもいいのでしょうが(笑)他の戦術やら何やらはやたらと現実的なのにここだけ何だかなーとつい思ってしまうというか。でも岩長姫は超かっこよかったですw

孤高の書 

 Dのダンジョンで詰まったので攻略本を近所の中古屋に買いに行ったら置いていなかったので、ついカッとなって代わりに遙か4を買いました。
 とりあえず孤高の書をクリアしてみました。
 ストーリーは評判を聞いていた通り面白かったのですが、1.ポリゴンである必要性を感じない 2.ボイスが少ない のが不満です。つまりポリゴンをやめればその分容量がボイスに回せたんじゃないの……?
 フルボイスにしろよとまでは言いませんが、せめてエンディングぐらいはちゃんと声付きにしてほしかったです。別に声優さん目当てでゲームを買っているわけではありませんが、なんとなく盛り上がりに欠ける。
 まだ謎だらけなので(とはいえ既にプレイ済みのお友達からおおかたのネタバレは聞いて知っているのですが)これからゆっくり攻略を楽しんでいきたいと思います。
 ちなみに今のところ柊>(越えられない壁)>サティ>ほか、という感じです。

ひっさびさ! 

 1年4ヶ月間沈黙を続けた私のPS2がなぜか突如として直りました\(^o^)/
 とはいっても急に直られても心積もりがなかったので新しいソフトが家にはなく、その直前に会っていた友人にずっと貸してはいたもののサッパリプレイしてくれなかったTODの2周目を始めました。とはいえ全てのセーブをしていたメモリーカードのデータが全て吹っ飛んだため1周目ですがorz
 ちなみに友人はテイルズの戦闘が嫌いだそうです。

 まだ最愛キャラ@ジョニーが出てきてくれませんが、やっぱりテイルズは楽しいですね!
 DはCCが面倒ですが戦闘がサクサクなので嬉しいです。秘奥義(とは少し違うけど)が初期から出せるのもいい。
 データ上では1周目なので、サブイベ回収等は2周目に託すことにしてとりあえずクリアに向かって進んでいきたいと思います。

ひたすらアプリ 

 1つ前の日記に書いた通りDSが使えないので、最近は専ら携帯アプリで遊んでおりました。
 ちまちま電車の中などで進めていたのが【テイルズオブタクティクス】です。
 ラタトスクやヴェスペリアなど、新作が羨ましくてテイルズ熱が高まり辛抱たまらん状態になってしまったのでとりあえずシンフォニア編をやってみました。

テイルズ オブ シンフォニア (Tales of Symphonia)テイルズ オブ シンフォニア (Tales of Symphonia)
(2004/09/22)
PlayStation2

商品詳細を見る

 テイルズ内最愛キャラのゼロスがいるから、というだけの理由でシンフォニアから始めました(笑)
 内容自体は、まあ携帯アプリだしね、という感じでしょうか。ボリュームやシナリオにはさほど期待していなかったので別にいいのですが、キャラの口調や三人称が違ったりするのにはちょっと落胆しました。そこはしっかりしててほしかったなー。
 あと戦闘も、レベル99まで上げたら秘奥義使えるようになる、とかあったらよかったのに。リフィル先生は最初から最後まで回復専用キャラ、とか、どうなんだろう。ホーリーランスとかレイとか色々使えるじゃんか本当は。
 まあでも結構楽しめたと思います。アプリだしね。

かまいたちの夜 

 ずいぶん間が開きましたが生きています。DSの上画面が表示されなくなってしまったため修理に出さなくてはならなくなり、夏休み中はどうせ待たされるだろうなあと思って放置してあったので特に書くこともありませんでした。9月になったので、今度出してこようと思います。

 さて、今更にも【かまいたちの夜】のアプリ版をプレイしてみました。

かまいたちの夜~アドバンス~かまいたちの夜~アドバンス~
(2002/06/28)
GAMEBOY ADVANCE

商品詳細を見る

 難しいという評判を聞いていたのですが、ミステリー編は普通に一発でベストエンドにたどり着けました。だって被害者に成りすますって、ミステリーではごく普通のトリックじゃないですか……?
 それよりも全員死亡ルートのほうが怖かったなあ。
 昔からやってみたかったソフトだったので期待していたのですが、正直ちょっとガッカリでした。

クリア目前 

 これからイルーアとの決戦です。
 その前にちまちまと未解決だったクエストを解消していたのですが、戦ってみて分かった。パンネロ強い。踊り子使い勝手いいですねー! いっぽうヴァンは……ゴホゴホ。まあ私の使い方がいけないのかもしれませんが。
 ていうかシュトラールとか\(^o^)/私を悶絶させるためのイベントですね。本当にありがとうございます。ああバルフレアに会いたい。なぜ出てこない!
 そろそろエンディングかと思うと寂しいです。終わったらどうしようかなあ。放置してるGS2に行くか、2週目に行くか……。8月は夢浮橋とコミックガーデンに費やす予定なのでその前に何とかしよう。
 とか言いながら私のDS異様に調子悪い。上画面がホワイトアウトしちゃって、一定の角度でしか映らないんですが……。え何これ、修理フラグ?

繰り返し覚える 

 ヴァンとパンネロが仲間になりました。
 うおおやっぱりなるのかー! 買いためていた空賊&踊り子用の装備もようやく日の目を見るというやつです。嬉しい。しかし関係ないけど以前の偽ヴァン&パンネロ討伐クエストの「最速の空賊は俺じゃないっての」に禿げ萌えた。愛してる。
 アデルの優れし者イベントも見ました。絵に描いたようなツンデレでかわいいw
 そろそろフリメルダイベント行かなくてはと思いつつもレベルが低いので怖くて行けない。一騎打ちってー! ↑のアデルのときはレベル差がありすぎて呆気なかったけど。というわけでフリメルダ育て中。パラディン→ソルジャー→闘士、ときているので、闘士のジョブ覚え終わったら行こうかなあ。

新規ゲットジョブ・エアリー

よみがえる剣聖 

 アデルがパーティを離脱して、また復帰したところまで進みました。
 しかしこれは展開としてはわりとパターンですが、ルッソがアデル殴っちゃったのは斬新でしたねw男同士とか女同士とかはよくあるけど。でもうちのアデルはルッソより明らかに強いのでアリなのか……。
 しかしそれより何より驚きなのは フリメルダ参戦 です。
 人間に戻るのは予測してましたが、クランに入るとは! しかも断れない(……)いや、ハーディみたいに途中参入のくせに弱いとかいうわけではなく最初から50あったのでいいですけど。それでも他の面子とはだいぶ差が開いている。
 ヴァンやパンネロも、てっきりクエストで空賊や踊り子の心得を教えてもらうだけかと思っているのですがクラン加入したりするのかなー? しかしどっちにしても私のバルフレアは登場しそうにないのでショボン。そのうち獅子戦争やろう……。
 さて、今日はとある予定のために友人からPS2を借りてきたので久しぶりに徹ゲーしようと思いますwやっぱり最初はアンジェかな!

一周で全部終わるかなあ 

 この週末はライヴのために大阪に行ったわけですが、現地に向かう深夜バスの中でもゲームしてましたwもちろんサービスエリアでの休憩時とか、明かりがついている間だけですけど。
 その結果、楽器を探しに行くクエストを受けたいクポ~というところまで進みました。
 禁域、確かFF12RWにそんなものが出てきたような? ウロ覚えですが(……)。世界が繋がっているとそこそこに面白い発見がありますね。12より断然面白いですけど。
 そして相変わらずメンバー間の実力差がひどかったので弱いメンバーを優先して使っています。現在最強と最弱の差は20以上あるので……。肉弾戦が好きなので、ン・モゥ族は使いにくいんですよねえ。早く強くなってくれないかなあ。

新規ゲットジョブ→風水士、バスタード
 他にもあるかもしれないけど疲労で忘れましたw

彼は仲間にならないんでしょうか 

 あやしげな招待状が届いたところまで行きました。
 しかしヴァンが戦闘中にお宝を盗むことにばかり気がいっていて笑ったwそしてRWでは完全回復キャラだったパンネロにも攻撃技があってホッとしました。
 それより何より モンブラン ですよ。
 かわいすぎる(´∀`)モーグリ大好き!
 そういえばトライアル挑戦したらスキルはあっというまに全部満点になりました。

 久しぶりにFC2ブログ使ったら広告コメントうざすぎる……。
| HOME | NEXT
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07« 2017/08 »09

プロフィール

ちづる

Author:ちづる
アンジェリーク儲。現在はPS2故障中のため、もっぱらDS愛用です。

カテゴリー

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。